【レビュー】コスパ最高のホエイプロテインはSAVE(セーブ)!ザバスとの比較写真有

SAVEプロテイン

アリさんはプロテインを習慣として飲み始めて5年ほど経ちます

いくつかのプロテインを飲みました

プロテインはランナーや40歳を過ぎた人には、タンパク質補強食品として有効な食品だと実感しています。でも

毎日飲まないとその効果は薄れてしまいます

プロテイン飲んでる女性
プロテイン飲んでる女性

プロテインって結構値段が高いんですよね

しかも毎日だと財布に響く、、

男性
男性

安いプロテインは結局タンパク質量が少なかったり

品質的に不安があるんだよね

プロテイン初心者
プロテイン初心者

プロテインを長く飲み続けたいのだけど何が良いのかなあ?

というような人に

アリさん
アリさん

アリさんがいくつかの経験から3年ほど前にたどり着いたプロテインを紹介します!

それ以来ずっと飲んでいます。

アリさん
アリさん

タンパク質量はもちろん、余分な添加物なしの安心商品。

しかもお財布に優しい!

アリさん
アリさん

超メジャープロテインのザバスとも比較します

決してメジャーなメーカーではありませんが、会社のポリシーを含めてアリさんはリピートしています

結論 プロテイン専門店シープウィングのSAVEプロテインです!

※アリさんは3kgを購入しています。結構大きいのでネットショップは助かります。

聞いたこと無い人が殆どだと思います

(株)S-ING(シング)という札幌の会社が製造管理(国内生産)&販売しています

シングはスポーツ用品やスポーツサプリメントの販売、スポーツジム経営などをしており

プロテインに関しては各メーカーの特徴を知り尽くしていて

SAVE(セーブ)という商品名には

「プロテインユーザーを助ける(SAVE)」

という思いがこもっているそうです。

※パッケージに印刷されている社長のコメントです

SAVEの商品ラインナップは

無添加製法の「ザ・ナチュラル(少々溶けにくい)」

「プレーン(大豆由来のレシチン配合で溶けやすい)」

「やみつきシリーズ(味を付けて飲みやすくしたシリーズ)」

など色々なラインアンップがあります

アリさんが愛飲しているのは「プレーン」

溶けやすさ重視と余分な原料を使っていないから

以前は味付きのプロテインを飲んでいたので味に慣れるまでには何日か掛かりました

最初は商品ラインナップも少なく小さな会社だったようですが

最近は徐々にその良さが知られてきたせいか

雑誌でも取り上げられています

※シープウィングのホームページより

シープウィングSAVEプレーンの溶け易さザバスとの比較

溶け易さは正直「ザバス」にはかないません

ザバスは商品に掛けている技術やお金が違います

※200ミリリットル作るには2袋必要です
※「ダマ」は全く無く溶けるまでのスピードも速いです

シェイカーに入れた時のプロテインのサラサラ感がSAVEとは全然違います

ザバスは「造粒(ぞうりゅう)」という製造工程に非常に拘っています

SAVEプレーンの様子は↓です

アリさんは飲みやすくするために氷を2−3個入れてシェイクしています

出来上がりが冷たくなるのでのどごしが良くなります

※氷を入れて200ミリリットルの水に溶かします
※「ダマ」は見えません。飲むと小さなダマが残っている時もあります

多くのプロテインは溶け易さを求めていくつかの添加物を使用しています

SAVEプレーンも溶け易さを求めてレシチンという添加物を使っていますが、大豆由来のレシチンで人工物の添加物より身体には負担が掛からないと思っています。

ザバスほどの圧倒的な溶け易さはありませんが気になるようなダマは出来ません

シープウィングSAVEプレーンの味

※パッケージに記載の飲むタイミングのおすすめ度 アリさんは毎朝+運動後(週1回程度)に飲んでいます

プレーン味なので美味しいか?

と言われればプレーン味に慣れていない人には水で溶かすと

美味しい!とは感じないと思います

薄いミルク味と言った感じでしょうか

アリさんは慣れましたが、対策としては

牛乳で溶かすことです

プレーンなので牛乳の味を邪魔すること無く

牛乳が飲める方なら美味しく飲めると思います

牛乳を利用する場合は牛乳自体が冷えているので

氷が不要なのもいいですね

溶け具合も水と氷の時と殆ど変わらない印象です

※冷えた牛乳を200ミリリットル使います
※シェイク直後なので泡立っていますがダマは気にならない程度です

プレーン味が苦手な人や

美味しく飲みたい人は

SAVEやみつきシリーズ

を選べば

グレープフルーツやコーヒー、ベリーミックス、チョコ、バナナ、イチゴ

の風味が付いた商品もあるのでそちらを選ぶと良いと思います。

ただし、味付きのやみつきシリーズはプレーンと違い乳化剤や香料、甘味料などの添加物が入っていますのでお伝えしておきます。

ザバスとトップバリューと比較するとコスパの良さが判ります

※パッケージに記載の作りかたの説明。1食30グラムと推奨しています。

タンパク質含有量や価格などをザバスとイオン系のプライベートブランドであるトップバリューのプロテインと比較します

まとめた表は以下のとおりです(※スマホの人は画面を横にして下さい)

 SAVEプレーンSAVEやみつきシリーズチョコ風味ザバス リッチショコラトップバリュー ココア
販売価格2,380円2,980円4,190円3,218円
内容量1,000g1,000g1,050g1,000g
1食の推奨量30g30g21g20g
1色当タンパク質量23.3g22g14.6g14.5g
1食単価71.5円89.5円83.8円64.4円
1袋での食数33.3食分33.3食分50食分50食分
タンパク質1g当り金額3.1円4.1円5.7円4.4円
1食当り炭水化物量2.3g3.2g2.8g4.6g
添加物レシチン(大豆由来)

海藻カルシウム、デキストリン、エンザミン、香料、乳化剤、甘味料など

食塩、植物油脂、乳化剤、甘味料、増粘剤など食塩、マルトデキストリン、乳化剤、甘味料など

注:SAVE価格は送料込み、ザバス・トップバリューはイオンでの店頭価格(2021年10月)
注:ザバスとトップバリューにはプレーン味がないのでSAVEのチョコ風味も掲載しています  

※シープウィングのチラシより
※2021年10月のイオン小売価格
※2021年10月のイオンでの価格

プロテインを飲む主目的であるタンパク質1グラム当りの金額は

SAVEプレーンが圧倒的に安くコスパは最高です

SAVEの味付きのやみつきシリーズでもトップバリューよりコスパは良いです

炭水化物は運動やダイエットには基本的に多くは摂取したくない栄養素です

ですので少ないほうが良いと思いましたので比較してみました

炭水化物もSAVEプレーンは最も少ないです

パッケージをよく見ると、メーカーによってタンパク質等の栄養成分表示表の基準となるプロテインのグラム数が違います。

SAVEシリーズは30gを1食としていますが、ザバスは21g、トップバリューは20gを1食として表示しています。

ザバスとトップバリューにはパッケージに50食分と記載がありますが

飲む時に計量スプーンは使うものの山盛りとすり切りでは使う量が違いますのでその表示には注意したほうが良いですし1食当りの比較はプロテインの量が違うので意味がありません

ですから、上の比較表はタンパク質1グラム当りの金額で比較しました。

※SAVEプレーンの成分表示表

※ザバスリッチショコラの成分表示表
※トップバリューの成分表示表

添加物はプレーン以外の味をつけるとどうしても何種類もの添加物が必要になってくるようです

添加物は味を整えたり、溶けやすくするために必要なものもあるので全てが悪いわけではありませんが

加えないで済むものであれば無添加を選びたいとアリさんは思います。

ザバスのように有名アスリートやプロスポーツチームが使っているものと同じものを飲みたい

という人はザバスを選ぶのも良いとは思います

ただ、企業としてそこに掛かる広告宣伝費を商品価格に上乗せしなければいけないことは

やむを得ませんね。

世の中には多くのプロテインが流通していますが、既にプロテインを利用している方はご自身のプロテインの価格とタンパク質含有量を確認することをお勧めします。

まとめ コスパ最高のホエイプロテインはシープウィングのSAVEシリーズ!

ホエイプロテインは色々ありますがタンパク質含有量と価格のコスパはSAVEシリーズがお勧めです

シープウィング SAVEシリーズをおすすする理由

・タンパク質含有量と価格を見た時のコスパは大手はもちろんプライベートブランドより優れている

・溶け易さはザバスにはかなわないものの大豆由来のレシチン配合のSAVEプレーンならダマは気にならない程度

 水で溶かす場合は氷を利用することでより溶けやすくなる

・味はプレーン味が添加物がなくておすすめ

 冷たい牛乳を利用すれば味気なさは解消できる

 どうしても味付きがいい人は「やみつきシリーズ」を利用すれば解消する

・プロテインは継続して飲むことが大切でそのためにお財布に優しくて、品質にも妥協したくない

 1ヶ月2,380円(送料込)、3キロを購入すれば1ヶ月1,993円(送料込)

シープウィングは公式ホームページもあり、そちらでも購入できます

公式ホームページでの表示価格は上記より安いですが送料が別です

YAHOOや楽天にもショップを出店していてそこでの表示価格は送料込みです

ポイントのことや持ち運びなどを考えればそちらのほうがおすすめです

1キロ入りもあります! 味も色々あります! 3サイトともSAVEがショップ出店しています
¥5,960 (2021/12/28 21:50時点 | Amazon調べ)

タンパク質の必要摂取量は年齢や運動をしているかいないかで違います

運動をしている人なら1日当り体重1キロ×1.2〜2.0グラムと言われています

体重60キロの人なら72〜120グラムです

食事だけで1日にこれだけのタンパク質を摂取するのは非常に難しいと感じています

特に40歳以上でアリさんのようにランニング等運動をしている人は筋力の低下を防ぐためや

運動をしていなくても、将来の姿勢や歩行の為にも質の良いプロテインでタンパク質を補給していった方がいいと思います。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです

エネルギー源として欠かせない栄養素は「脂肪」もあります

良質な脂肪MCT(中鎖脂肪酸)の記事はこちら↓

最後まで読んで頂きアリがとうございました!

下のボタンを押して応援して頂けると嬉しいです!

この記事が少しでも役に立った人は下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ

コメント 感想やご意見をいただければ嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました