装着写真付き!ランニングポーチのおすすめは全く揺れないフリップベルトFlipBelt

フリップベルトFilpBeltの写真

・ランニング中に、身につけているスマホや財布が揺れて走りにくいと感じたことがある。

・ランニング中に、スマホや小物を落としたくない。

・ランニング中に使う小物入れ、何度か買い替えている。

 ランニングに必要なグッズはいくつかあります。ポーチも持っていたいグッズですよね。

 ランニングポーチはタイプもいろいろあります。腕に巻いてスマホを中心に収納するタイプやドリンクまで収納するベストタイプなど。

 ランニングパンツとポーチが一体型になっているものもありますが、全てのパンツを一体型にするのはお金が掛かり過ぎます。

 私はランニング継続8年です。大会も25回以上出場しています。いろんなタイプのポーチを使いましたが、Flip Belt(フリップベルト)に出会ってからは4年以上愛用しています。

 フリップベルトを紹介します。

フリップベルトはこんな人におすすめです!
  • 走りに集中したい
  • ウェストポーチを無くしたくない
  • 1,2年で買い替えたくない
  • ウェストポーチ付けていることを周囲に気づかれたくない
  • これからランニング関連グッズを揃えたいと思っている人
  • ファッション性も大切にしたい人
  • 使い易いランニングポーチに巡り会っていない
  • ランニング以外でも使えるウェストポーチを探している人

 これ、全部かないます!

 私が使ったことがあるポーチです↓。1年程度でゴムが伸びて使い物にならなくなりました。

フリップベルト(FlipBelt)は大満足の一品でした

 商品の写真はこんな感じ↑です。腰にベルトの様に巻き付くイメージです。

 輪になっているのでズボンをはく時の様に足先から腰まではき上げて装着します。

 吸水速乾タイプ、柔軟性を持つのマイクロポリという素材を使用していますので雨天のランニングでも変に重くならず快適に走ることが出来ます

 あるランナーのちょっとしたネットの書き込みで知りました。今までにないスタイルのウェストポーチでした。アメリカ製で情報が少なかったですが思い切って購入してみました。

 買ってみて本当に良かったと思っています。次に買うことになっても画期的商品が新たに出なければフリップベルトを選ぶと思います。

フリップベルトは装着感が最高です

 装着感の良さが最大の魅力です。

アリさん
アリさん

腰にピッタリ吸い付いているので中に入れているものが全く揺れません

 ランニング中にスマホや鍵、財布などの持ち物の存在を感じることがありません。

 フリップベルトを使う前のポーチは、スマホや鍵がバッグの中で動くのでガチャガチャ音がしたり揺れが気になりました。それが無くなり走りに集中できるようになりました。

 中身が揺れると振動が起こりますので身体にも負荷がかかり走りに影響します。

アリさん
アリさん

フリップベルトは中身の重さがそのまま腰回りの体重になる感覚で違和感がありません

 腕につけるタイプやたすき掛けにするタイプとは体感する重さが全然違います。

フリップベルトの収納能力について

初心者ランナー
初心者ランナー

見た目は収納能力が低いように見えるけど、、、

アリさん
アリさん

アリさんも使う前は収容能力が気になりました。

実際使ってみるとランニング中の持ち物は問題なく収納できますよ!

※写真はiPhoneSEを入れるシーン

 秘密は素材の伸びと入り口の多さにあります。

 物を入れる入り口は4箇所あります。

※4つの入り口のうち2箇所を使っていれるシーン ※入れた後はベルトの中で移動できます

 フリップベルトの公式HPではiPhone6プラス(縦7.8センチ 横15.8センチ)を例に出して十分収納できると記載があります。

 ベルトの中は一つに繋がっているのでスペースは想像以上にあります。

 下のイラストを参照下さい

※フリップベルト公式HPより
  • スマホ
  • 家や車のキー
  • コインケース(最低限のお金とカード類)
  • ゼリードリンクや水分(必ずしもポーチ内でなくても良い)
  • 外したアクセサリー類
  • ウォークマン(音楽再生機)

ランニング中のポーチに入れるとしたら最大でもこの程度ですよね

ポンチョ等雨具類を持つ時はリュック内でしょう。

実際の装着の様子

※これからの写真はこの4点が入った状態での写真です。アリさんはゼリーは普段はベルトには入れません

 下の写真はアリさんがモデルです。腹囲は約73センチです。

※走る時、ベルトはTシャツの下に隠します。荷物部分は背中にグルっと回した方が走りやすいです
※この大きさのゼリーは十分入りますが走りながらだと出し入れが少し大変です
アリさんはゼリーを持参する時はズボンのポケットに入れます
※ものを出したい時はベルトをクルッと回せば前に来るので取り出しやすいです
※ランニング以外で利用する時や大会出場時への移動中も外からは全く判りませんので防犯防止にもなります

ファッション性

※アクア(水色)

※ピンク

 9色から選べます。アクア、ピンク以外に黒・カーボン・パープル・グリーン・イエロー・オレンジ・カラフルがあります。

 カラーバリエーションが豊富なのでおしゃれを楽しむことも出来ます。

Tシャツの下に装着すると直接肌に触ることになりますが、やわらか生地なので肌触りがとてもいいです。

 Tシャツで隠せば他人から見ても付けていることがわかりません。

 アピール度はなくなりますが、例えば移動中や旅行にも使うことが可能です。

 「貴重品がここに入っていますよ」と他人に知られることがないので防犯上も好都合です。

フリップベルトの価格とコスパ

 フリップベルト公式HPでの価格は4,400円(送料無料)です。

 楽天市場の販売店(KICHI-KICHE)では3,465円+送料250円(2021年11月時点)です。

ランナー
ランナー

ウェストポーチにしたら高額じゃない?

アリさん
アリさん

価格だけ見たら確かに高額ですね

でも耐久性があ長年使えるのでコスパはいいよ!

 アリさんは週1回、4年ほど使っています。

4年使った写真がこれ↓

 週1回ランの単純計算で52週×4年=208回使用です。最低でも150回以上は使っていると思います。

 使用する度に洗濯機で洗って上写真のレベルです。恐らくまだあと2年程度は使えると思います。

 耐久性を考えたら高いことはないと思います。コスパは良いと言えます。

 多少高いものを買うと継続するモチベーションにもなります。大切に使うので長持ちします。

デメリット

 ペットボトルクラス(500ミリ)の大きさのものは入りません。

 正確に言えば、無理すれば入りますがゴツゴツ感を感じて走りにくです。

 走行中には取り出しにくいのでお勧めしません。

 出せても再び入れるのは立ち止まらないと難しいでしょう。

水分を携帯したい時は専用のカーブがかかったボトルが別売りであります↓

※フリップベルト公式HPより 左が310ml 右が170ml

 ゼリー飲料は入りますが大きさによっては少し取り出しにくいです。アリさんはゼリー飲料はズボンの横ポケットに入れて飲みたい時に直ぐ取り出して飲んでいます。

 スマホは走りながら取り出して操作することはあまり無いと思います。収納が出来れば問題ないでしょう。

 写真のiPhoneSE2は小さいほうですが、公式HPでは8センチ×16センチのiPhone6プラスクラスでも十分収納できると記載があります。

ジッパー付きでなくて大丈夫か

ランナー
ランナー

フリップベルトにはジッパー付きがあるけどジッパー無しで物が落ちないの?

アリさん
アリさん

買う前はジッパー無しで不安でしたが

今まで一度も中身が落ちたことはないよ!

 4年間使っていてコインなど、飛び出してしまったことは1度もありません。

 ものを入れる開口部分は4箇所ありますが、ベルトの中は1つにつながっています。

 小さなものや気になるものは2つの開口部分の間に入れておけばまず落ちません。

 自宅や車のキーなどを入れる時はフックを利用すれば絶対に落ちません↓

※キーなどを入れる時に使えるフックが付いています
※キーを収納する時のシーン

 どうしても気になる方はジッパー付きでもいいと思いますが高額になります。

 ジッパーの不具合が生じる可能性があります。耐久面も考えるとジッパーは無くてもいいと思います。

 ジッパー無しは「フリップベルト クラッシック」と商品名に付いています。

 ジッパー付きは「フリップベルト ジッパー」

 サイズが6種類と豊富にありますのでご自分のウェストサイズに合わせて選べます。

 ぴったりサイズか若干きつめでも良いと思います(今後のダイエット期待もあり!)

類似品との違い

 ネットで調べてみるとフリップベルトの類似品があります。

 価格はフリップベルトより安いものが多いようです。

 アリさんは類似品を使ったこはありません。口コミを見てみると

・耐久性

・素材の伸び

がフリップベルトの方が優れている。とコメントしている人がいます。

「耐久性」は長期的なコスパに影響があります。

素材の伸び」はスマホなどの大きめの物が入らない可能性があるので注意したほうが良いと思います。

アリさんが見る限りでは

ファスナー付きの類似品は、ファスナー故障の心配があると思います。

ファスナーが雨や汗の水分に触れて故障の可能性があります。

フリップベルトでもファスナー付を勧めない理由でもあります。

素材について防水性を訴える類似品がありますが

完全防水はゴム素材やゴアテックス等でなければ無理だと思います。

ランニング中の雨天では中身は濡れることを覚悟するか、

スマホなど濡れて困るものはジップロック等のジッパー付きポリ袋に入れるなど対策を取るほうが安心です。

ウェストポーチで防水しようとしない方が良いです。

類似品についての情報、アリさんの経験上の考えをお伝えしました。

最近はランニングパンツのウェスト部分に収納スペースが付いたランニングパンツがあります。

メーカーによっては非常に優れたパンツのようです。

アリさんは利用したことはありませんが

既に複数のランニング用パンツを持っている人や

今後全てのランニング用パンツを収納スペース付きパンツにすることはコスト的にも大変だと思います。

自分のお気に入りのデザインや色のパンツに組み合わせることを考えると、フリップベルトの方が汎用性があります。

最後まで読んで頂きアリがとうございました!

この記事が少しでも役に立った人は下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ

コメント 感想やご意見をいただければ嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました