【体験談】穴場!長野県白馬村に本格フィンランドサウナがあった!2021年改装!

五龍館

アリさんは50歳代のサウナー

サウナの師匠は20歳の息子ですが最近は独り立ちしつつあります!

ひとりで出掛けた信州白馬でノルウェー人も気に入った本格派フィンランドサウナを体験して来ました

サウナイキタイサイトでは長野県で25位にも入っていませんが(2021年10月時点)

アリさんの経験ではかなりのハイレベルだと感じました

そして穴場です!

最初にお伝えしておきますがサウナ施設は男女全く同じとのことです。(支配人談)

長野五輪でノルウェースキー選手団が宿泊した五龍館です!

※露天風呂の写真。向こう側にはととのい椅子と左には水風呂が見えます

1998年長野冬季五輪が開催されました

スキー関連種目の会場のひとつになったのが白馬です

その際に北欧ノルウェー選手団が宿泊したのがこの五龍館(ごりゅうかん)です

和洋室を持つ大型日本旅館です

長野五輪でノルウェー選手団を迎え入れるために96年にサウナを設置したと支配人から聞きました

つまり25年前から本場北欧人が何度も利用したサウナが白馬の旅館にあるのです

社長さんがサウナにお詳しいとの事で2021年に水風呂や整いスペースを新たにして改装オープンしたのが現在の五龍館のサウナです

こんな歴史と新しさを兼ね備えたサウナがこう言っては失礼ですが

サウナではほとんどスポットが当たらない白馬にあるのです!

五龍館公式サイト

歴史を感じるサウナ室の壁

※壁にはヴィヒタ、歴史を感じる焼け具合。砂時計壊れてありません(泣)

今回、支配人の許可を頂き

利用当日(2021年10月末)の様子を撮影させて頂きました

サウナ施設は大浴場のいわゆる露天風呂エリアにあります

※脱衣場窓から露天風呂エリアを撮影

内風呂から露天エリアに出てすぐ左側にあるのがサウナ小屋です↓

壁にはヴィヒタ、アロマ水のセルフローリュ、薄暗い室内、雰囲気の良いランプが2つ

何といっても25年以上前の壁をそのまま使っているので、自然な焼け具合がとっても良い雰囲気を醸し出しています。

定員は7-8名と言ったところでしょうか、小屋ですので決して広くはありません。

※扉は2重扉で室温がキープ
※1つ目の扉を開けるとサウナマット代わりのバスタオル設置あり
※座面の木は新しく張り替えてあります
※小窓から光が差し込みます

少し気になったのは背中が当たる部分の壁がほんの一部ささくれていていた事です、これは危険ですね。(支配人にお伝え忘れました。皆さんごめんなさい)

また、サウナ利用は15時スタートで

アリさんは15時から利用したのですがまだ室内温度が60度程度で十分に暑くなっていなかったです

※サウナストーン

でも穴場ゆえサウナ目的で来ている人はいなかったこともあり

セルフローリュを連発して3セット目には95℃程度まで室温を上げました

※ローリュ用の水はアロマ水でした
※ごめんなさい、1杯では足りなかったのでたくさん掛けてしまいましたm(_ _)m

それと砂時計が壊れていて時計が無いこともちょっと気になりましたが、自分のペースで蒸されることは出来ました。

五右衛門風呂の天然水の飲める水風呂

2021年に新設したひとつがこの水風呂です↑

1人用です

サウナ室から5歩程度の位置にあるので動線は悪くないです

蛇口を自分でひねって水量をコントロールできます

蛇紋岩(じゃもんがん)と言う白馬八方尾根の地層を形成する岩から湧き出る地下水を、地下65メートルから汲み上げた天然水を利用しています。

※ホテル内廊下に展示してある蛇紋岩(じゃもんがん)

飲めます!

美味しいです!

※水はかけ流し状態も可能です
※ミネラルたっぷりの天然水!

水温計は設置していなかったですが体感では15℃前後だと思います

ただ天然水なので季節によって水温は変化するのかな、と思います。

デッキフロアと石畳に整い椅子とデッキチェアー

水風呂を挟む位置に2台のデッキチェアーと3つのととのい椅子が設置されています

白馬八方地区に吹く自然豊かな風を感じながらのととのいタイムは最高です

欲を言えば白馬連峰が眺められれば日本一のサウナにもなりうるロケーションですが1Fに設置してあることと、目隠しの塀があるので白馬連峰の全貌を臨むことは出来ません。

※立ち上がれば白馬山麓の上部が見えます
※角度調節は出来ないタイプのようでした

それでも十分なスペースとデッキフロアーの雰囲気といい最高レベルのととのいスペースだと感じました。

白馬八方温泉はヌルヌル美人湯

※脱衣場の看板

せっかくですので、温泉にも浸かりましょう。

白馬八方温泉は非常にヌルヌル感があり温泉らしいお湯です

美人の湯とも言われています

無色、無臭ですので入るまでは特徴を感じることはありませんが是非忘れずに入浴もしていただきたい温泉です。

※内湯から露天エリアを見た写真
※奥のドアから露天エリアへ

珍しいウォーターバーも

フロントから浴室につながる廊下にWATER BARがあります

蛇紋岩から湧き出た地下水に少し味を加えた5種類程度の水が無料サービスされています

中には変わったネーミングの水もありオシャレな感じも演出されていて他では体験できない設備だと感じました

※白馬らしいネーミング
※ちょっと意味深なネーミング
※お酒を飲んだあとに良いのかな?

アリさんは全ての水を飲んでみましたが正直味の違いはよく判りませんでした(笑)

でも気分的に「良い水飲んだ〜」って感じました!

WATER BARがある廊下にはヴィヒタも飾ってあってソファーもあるのでここでも整えちゃいます!

お決まりのオロポもジョッキで飲める!

※ジョッキと氷サービスが嬉しいですね!

オーナーがサウナ好きのこともあるのかサウナーの気持ちが判っています!

フロント前の冷蔵庫にはオロナミンCとポカリが売っています

2本で300円ですので良心的な金額かと思います

嬉しいのがジョッキと氷を無料サービスしてくれることです

気分はサウナ専門店です!

ジョッキがない時はこんな飲み方もあります↓

注意点

本業が旅館業ですのでサウナがある大浴場の利用は15:00〜23:00 です(2021年10月時点)

料金は税込2,000円

バスタオルとフェイスタオル付きです

備え付け化粧水も白馬の水を使ったオーブス社の商品を数種類設置してくれているので女性でも手ぶらで出掛けても良いかもしれません

また、アリさんが利用した日は15時ではまだサウナ室の温度が十分に上がっていませんでした。

高温が好きな方は最初にセルフローリュを多めにして室温を上げる必要があります。

また、宿泊客が居ない場合は休業するような日も考えられますのでサウナのみの利用の場合には事前に営業を確認してから出掛けることをお勧めします。

サウナー用の宿泊プランもあります(2021年11/23まで)

出来れば宿泊して翌朝もこの雰囲気のいいサウナを堪能したいものです

五龍館ではサウナーを意識した宿泊プランがあります

公式自社サイトと楽天トラベル、じゃらんで展開しているようです

公式サイト(2021年11月23日までの設定となっています)

るるぶトラベルで五龍館を見る

楽天トラベル五龍館を見る

じゃらんで五龍館を見る

このプランで予約が入った時は翌朝もサウナが使える準備をしてくれますが朝は9:00〜のようです

サウナーとしては6:00頃から利用したいものですね

サウナプランでの予約客がない場合は朝のサウナ利用はできませんので注意して下さい

別の表現をすれば自分がサウナプランでなくてもどなたかがサウナプランで予約していたら朝サウナも出来てしまうということですが、そこまでの運任せはお勧めしません。

しっかりサウナプランで予約しましょう!

まとめ

サウナ専門店に付属のカプセルホテルは別とすれば

宿泊専門の旅館にこのレベルのサウナ施設があるのは日本でもあまり多くないのではないでしょうか

時間限定ですがサウナのみの利用もできるのも嬉しいです

2021年にリニューアルしたばかりなのでリニューアル後の様子は

あまり知られていない感じでした

浴室で会話した他のお客様はいずれもサウナ目的ではありませんでした

今なら穴場的存在です

白馬はスキー場ですので冬場は非常に寒い土地です

紅葉や新緑の季節が最高なのでしょうが寒い外気浴も関係ないサウナーは年中どうぞ!

公式サイト(2021年11月23日までの設定となっています)

るるぶトラベルで五龍館を見る

楽天トラベル五龍館を見る

じゃらんで五龍館を見る

最後まで読んで頂きアリがとうございました!

ドラマ「サ道2019」をはじめ各種サウナ番組が無料で見れる方法の記事はこちらからどうぞ

他人とちょっと違うサウナアパレルを見てみたい人はこちらから↓

この記事が少しでも役に立ったら下のボタンを押して応援して頂けると嬉しいです!

 この記事が少しでも役に立ったら下のボタン↓を押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

コメント 感想やご意見をいただければ嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました